楽曲濃口解説その11

2016-05-14

『夜の街角』

バンドミーティングの時のバカ話で、究極の寂しがり屋の人はわざわざ人混みに紛れ込みたくなる人だねと。たとえばゴールデンウィーク中の大渋滞に意味もなく車を出して渋滞にハマって嬉しい!、大勢の人と渋滞を共有出来ている(笑)とか。何時間待ちとなっている大行列に意味もなく並び嬉しがる寂しがりやの人をテーマにした歌を作ろうという話からフッシーのアイディアでタイトル「人恋しい」が出来た。しばらく誰も手をつけない状態がつづいたのちべーからの無茶ぶりでフッシー作詞作曲による「人恋しい」を完成させた。昭和ジャズテイストのデモまで出来た。その後、歌入れをしたのを寝かせ時間を置いて聞いたところ、まあこれはこれで普通って感じ(笑)。でも曲は個性的でメロディも良いので歌詞をテーマごと変えようとなり、いろいろトライして行く中、以前トラが書いてドロップボックスに保存しておいた歌詞をベーが検証しそれをあててみたらドンピシャとハマった。その後、歌入れしながら歌詞のディテール詰めて完成した。作曲フッシー作詞トラ、ベー、BON。

妖しい歓楽街へ夜のパトロールと称して繰り出すサラリーマン。終電を気にしながら遊ぶのも又楽しい。ミュートトランペットが大人の夜を表現している。2015年作品